大切な情報は案件管理でデータ化する|業務の効率化を狙う

セミナー

信頼性ある企業

講義

現在、個人情報による対策意識は企業にとって最重要課題になっています。プライバシーに関するセキュリティを厳重化することにより、企業の信頼性が高まるだけではなく、ビジネスツールとしても利用することができます。現在、プライバシーマークを取得する会社が増加傾向にあります。プライバシーマークとは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が運営しているサービスで、プライバシー情報が安全に管理運用されている会社に対して、発行されるサービスです。プライバシーマークを取得することで、企業の信頼性が高まるだけではなく、他社との差別化を図ることでビジネスツールをして利用することもできます。プライバシーマークを取得する為には、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が制定している、厳しいチェック項目をクリアしていく必要があります。企業で対応を行なうには、膨大な量の作業を行なわなければなりませんが、プライバシーマーク取得の作業手続きを代行で行なってくれるコンサル会社などに、業務を依頼することでスピーディーかつ正確にプライバシーマークを取得することができます。コンサル会社によってプライバシーマーク取得までにかかる期間は様々なですが、平均的には半年程度で取得することが可能です。またプライバシーマークの取得ができなかった場合に、返金対応を行なっている会社もあり、様々なサービスを比較することで、スムーズにプライバシーマークを取得することができます。